&

ネイルやコスメ、グルメのことをNikonのD3200とOLYMPUS PEN E-PL1で綴っているブログです。

一定期間更新がないため広告を表示しています


[PR]

※そんなの当たり前じゃんって話かもしれないんですが、気づかされることが多々あったので忘れないようにメモがてら書きます

ブライダルプランナーに話し方を学ぶ

結婚パーティーをしようと思っていろんな会場を見に行ってるんですが、
いろんなタイプのプランナーさんがいるなと思いました。
・ものすんごい営業をかけてくる人
・プランの説明をばーっとする人
・とりあえず予算の話をする人
などなど。

人それぞれやり方があると思うので、そこの良い悪いは置いといて…
今回お話ししたブライダルプランナーの方は「まずお店の自己紹介をする人」でした。

まず自己紹介。これって大切だなーって。
もちろんお金のこともプランのことも大事だけど(ある程度下調べはして話し聞きにきてるけど)そもそもどんな店?どんな人なの?って知ってると知ってないとでは、そこから話を聞く姿勢が違ってくるなーって。

別の視点から質問

「どんな式にしたいですか?」という質問って、ふわっとした回答しか私たちはできなかったんですね。漠然としか考えてなかったし、具体的なことは分からなかったのもあったので。

今回お話ししたプランナーの方はそういう質問ではなく、
「こういう時、どうでしたか?」と自分の今までの経験を思い返すような質問を投げてくれたんですね。
そこから自分の経験や感じたことを話していって、
「私はこういうことをしたいな」って答えにありつけたなと。(誘導尋問ではなかったと思う)

話に興味を持たせる

プランナーさんと話すときって、だいたいが説明を受けてるんですが
まー会場探しって説明を聞く連続なので正直途中で飽きるんですよね。
説明してくれてるのにほんとごめんなんですけど…。

今回お話ししたプランナーさんは、以下のことをいやらしくない感じでさらっと話してたんですが、こう前置きされると必ず話しに興味を持つなと思いました。
・プライベートでもよく結婚式の相談を受けるので、そのとき必ず友人にはこうアドバイスしています
・私が担当したパーティーでとても盛り上がったシーンあるんですよ、それは…
・ここからがポイントなんですが
・良いパーティーにするために、私たちからお願いしていることがあります
プロの方の経験談や「良いものを作るために必ず伝えていること」と前置きされると、なになに?って聞いちゃうなーと。
しかもいやらしい言い方しないのがうまいなーと。

結婚パーティーをするポイント


プランナーさんとお話ししてて色々教えてもらったのでメモ。
心構え
・「あれをやらなくちゃ」「これをやらなくちゃ」はもちろん大切だけど「ゲストが楽しんでくれるかな」を念頭に考える
・打ち合わせからパーティーが終わった後日も楽しめるように
・パーティーに関わる人(幹事、司会、受付)と情報の共有が大事

盛り上げる
・パーティーで知らない人同士が交流を持って盛り上がるのは難しい、なので受付時から徐々に盛り上がる仕掛けを作ることが大切
・司会の人が自力で盛り上げようとするのはプロでない限り難しいので、シャッターチャンスは最初に作って盛り上げる
・ゲストとの接点を増やし、新郎新婦がフリーで動ける時間を増やす

会場
・人が一カ所にたまらないような会場内の配置を考える
・スイーツは女性の招待客の心を掴む

写真
写真を撮ってもらうなら、自分たちが見えてないシーンを撮ってもらう
(新郎新婦を見ているゲストの表情を撮ったり)

その他
・地元色をだす
・自分たちの気持ちを形にする

--

合う合わないは人それぞれだと思いますが、
「パーティーをしたい目的」を考え、それをお互いに共有し
プランナーさんと話している間に「こういうパーティーがやりたい」って一緒に答えをちょっとずつ出して
「じゃあこれはどうかな?」「値段はどれくらい?」って確認していくと
自分たちのしたいことが見えてきてよかったです。

勉強になる。情報共有大事。一方的に話を聞くだけじゃなくて、話し合うのって大事。

[PR]


[PR]

create by @tomoko_and