&

ネイルやコスメ、グルメのことをNikonのD3200とOLYMPUS PEN E-PL1で綴っているブログです。

一定期間更新がないため広告を表示しています


[PR]


ゴールデンボンバーのライブに行ってきました。新潟まで。
新潟に行くのは何年ぶりだろうか…。
数年前に行った時は、当時大好きだったFatimaというバンドの
解散ツアーで新潟に行きました。

ちなみに、旦那さんと一緒に行ったのですが
こうやって趣味を理解してもらえる人で本当に良かったです。
毒グモ女の振りができる人です。

別に旦那さんに隠していたわけじゃないけど、
ヴィジュアル系のライブに行き続けていた青春でした。
いわゆるバンギャと呼ばれるあれです。


新潟までは新幹線。新幹線でライブに行くと、「ああ、私も年をとったな…」と。
高速バスでの移動が当たり前だったなぁ。移動で腰が痛くなったもんです。
新潟の万代バスセンター?ターミナル?についたっけか。

久しぶりに行った新潟は駅前が結構変わっているような。
ライブ前にのどぐろ食べたり、日本酒を試飲しまくっていました。
おとなになった〜。


ライブ会場は朱鷺メッセ。新潟駅発の朱鷺メッセ行きバスはだいたいタミヤTシャツの人たちでした。
例に漏れず私もタミヤTシャツです(友人夫妻からいただいたもの、感謝)
※ゴールデンボンバーのライブではタミヤTシャツを着る文化があるっぽい。もちろん普通の服でも。

そして朱鷺メッセでかい、でかいよここ。国際フォーラム感ある。
旦那さんが「喜屋武(きゃん)さんに似ている人がいる!!!あ!!歌広場さんに似ている人がいる!!」と驚いていて新鮮でした。
似ている人……それはコスプレイヤーなんだよ……!
ライブ会場には大抵いるコスプレイヤーのみなさんですが、こういうライブが初めての人はこう感じるんだ、と。

朱鷺メッセは初めてだったので大きさに驚き。
東京ビッグサイトのような作りというか、
普段は展示会とかやってそうな会場です(イメージ)

会場に入って、色んなバンドのチラシを見たり、物販のチラシを見たり
旦那さんが「ねぇねぇなんで上の方曇ってるの??」という質問に答えたり(スモークのこと)気がついたらあっという間に開演の時間。ちゃんと時間通りに始まって感動しました。


まだツアー中なのでネタバレになるのを避けたいので、詳しいことは書きませんが
ライブは爆笑の連続で、だいたい笑いっぱなし。
メンバーは米粒の大きさだったけど、会場の作り的に間近で見える瞬間もあって、ああ、生きててよかった…と思いました。

そして、本当にすごい盛り上がりっぷりで驚きました。
会場全体がわー!!っと盛り上がってる感じ、大好きだなー。
空気が揺れてるというか、この一体感というか、肌に音が触れる感触というか。
ああ、ライブに来たなぁって久々に思いました。

インディーズに行っていたバンギャがきゅんきゅんするような振付がたくさんあって
咲いたり、手扇子したり、いっぱい踊ったり、本気でヘドバンしたり。
楽しすぎて全力ではしゃいでたら2曲めくらいで体力の半分くらいを使い切り、
だんだんと足は肉離れのような痛みを感じ始め、ああもうオバンギャってやつなのか…と痛感する場面も。

ヘドバンは周りが全然してなくって、ちょっと恥ずかしいななんて一瞬思ったけど
逆にここはあえてやるべきだな!と燃えて頭振ってました。
明日どうなってもいい……!と思って八の字ヘドバンしたのはいつぶりだろうか……。

鬼龍院さんの生歌に感動したり、数々のパフォーマンスや
エンターテイメント性の高いライブに感動。
初めての人も、きっと何度も行く人も楽しめる作りになっていて
自由かつ文化がある程度できている空間で、心地よかったです。

たくさんたくさんメンバーの名前を呼んで、拳を振り上げて、いっぱい歌って
こんなにも楽しい空間があるんだって感じたライブでした。
楽しい、しか出てこないくらい。


ライブが終わった後の、あのなんとも言えない虚無感というか
汗だくで全身ベタベタで足も首も痛いし疲れてるんだけど
爽快さすら感じるあの感覚を久々に味わえました。新潟、行ってよかった。


その後飲んだのどぐろの刺し身と日本酒サワーがめっちゃくちゃうまかったわ。

また、ライブ行きたいなー。

[PR]

create by @tomoko_and